「京都の自然二百選」
選定植物   スギ
美しい自然
  大切な自然を
     永く子孫に伝えよう


京都府の巨樹 全国の巨樹 全国その他樹種 近畿地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

大悲山の三本杉




大悲山の三本杉
指 定 森の巨人たち100選
指定年月日 2001年4月
所在地 京都府京都市左京区花脊原地町大悲山国有林2林班い1小班
解説板 あり    しかし詳細判読不能
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★★★☆☆  下車後徒歩20分ほど
撮影日 2008年7月17日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   6.23m     
樹  高     36m        56.5m
樹  齢  伝承1200年     
実測詳細 地上1.3m地点を計測 

京都の秘境、花脊にある日本有数のスギの巨木である。
この辺り一帯は北山杉が台杉状となって成長する独特の地だが、
峰定寺(ぶじょうじ)の御神木である三本杉は、見事な直幹のスギらしいスギであった。
環境省の報告値では3本の株立ちで、最大の幹は6.23mとなっている。
参考までに記載しておくと、3幹合計の数値は17.79mとなっているが、これは3本の幹周の合計値であり、本来の幹の太さとはまったく異なった意味のない数値である。
3本をひとまとめに計測すると、おそらく14mくらいの幹周りとなるであろうか。
寄せ植えして合体したかのような姿をしているが、地元では完全な天然杉であると言われているようだ。
特筆すべき点はその樹高で、実測値56.5mを計測した。
この数値は全国の中でも3本の指に入るもので、如何に花脊周辺がスギの成長に適している地であるかを証明している。
雰囲気といい佇まいといい、とてつもなく神秘的なスギである。


戻る