熊本県指定天然記念物

将軍木

昭和38年7月23日指定

根廻り約10m、幹囲約8m、枝張りは東西に24mに達する椋の巨木。樹高は16mとさほど高くはないが、樹齢は600年以上と推定される。そのため、北側は幹が腐朽して 大空洞をなしている。また、主幹部分には裂けるのを防ぐために2個の鉄輪を巻き、南方に繁る枝は鉄の支柱で補強してある。
 この木は、南北朝時代、征西将軍宮懐良親王が、当時精力のあった菊池氏を頼りこの地に征西府を置かれたとき、宮の杖から芽をふいたとも、御手植えの木とも伝えられる。 将軍木の名も、この懐良親王にちなんでつけられたものである。
 今でも、菊池神社の御神木として地元の人に親しまれており、10月13日の秋祭りの時には、隣接する能舞台において、この木を将軍宮の象徴に見立てて、国選択無形民俗文化財 「松囃子能」が奉納されている。

熊本県教育委員会 (昭和63年度 建)
 

熊本県の巨樹 全国の巨樹 ムクノキ一覧 九州のムクノキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

将軍木



他の写真を見る

将軍木
指 定 熊本県指定天然記念物
指定年月日 1963年7月23日 
所在地 熊本県菊池市大字隈府1332
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 やや不良
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年12月30日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    8.0m    8.0m    8.1m
樹  高     16m     16m     13m
樹  齢  伝承600年  伝承600年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

菊池市内にあるムクノキの巨木。
完全に市街地の中に埋もれてしまっているが、かつては菊池神社参道脇にあった御神木である。
現在は菊池高校のすぐ脇に位置し、結構な交通量のある御所通りという道路脇に土盛をし、その上に生育している状態だ。
背後は建物が迫ってきており、生育条件としてはかなり劣悪といえるであろうか。
ムクノキの背後に回ると、ほとんどが空洞で皮一枚で立っている状況だが、支柱や鉄のバンドによって保護されており、樹冠の繁茂面積は幹の状態からは想像できないほど広大であり、夏には絶好の木陰を作り出してくれている。
衰退が激しいムクノキの中にあって、これだけの巨木は貴重な存在であろう。


戻る