熊本県指定天然記念物
    妙蓮寺の樟

   昭和38年7月23日指定

このクスノキは、根廻り9.5m、目通り幹囲7.8mで、地上10mのところから大枝が6本に別れ、東西30.3m、南北31m、高さ33mに達する大木である。樹齢は、約600年と思われるが、樹勢は盛んである。
 妙蓮寺は、寛永18年(1641)に本妙寺の末寺として建てられたといわれているが、明治27年に本堂が火災にあい、そのとき、この木の西側の枝が焼け落ちている。また、南側面の内部は、空洞化してはいないが既に腐朽している。これは、以前落雷によって樹幹を損傷したためという。
 根元近くに石碑があるが、これは、吉村義節という神風連の志士の墓である。彼は神風連の変に、県令襲撃の部隊長として参加したが、事破れ獄に投ぜられ、のちに処刑されている。


熊本県教育委員会  (昭和63年3月 建)
 

熊本県の巨樹 全国 クス一覧 九州のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

妙蓮寺の樟



他の写真を見る

妙蓮寺の樟
指 定 熊本県指定天然記念物
指定年月日 1963年7月23日 
所在地 熊本県菊池市隈府 妙蓮寺
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年12月30日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   10.5m    7.8m    9.5m
樹  高     33m     33m     25m
樹  齢     不明    600年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

菊池市内の市街地のまっただ中にあるクスノキの巨樹である。
妙蓮寺の本堂と墓地との間の、わずかな空間に生育しているためか、その体躯に似合わずとても窮屈な印象を受ける。
クスノキとしては根張りが大きくなく、とてもスマートな印象を受ける。
夢中になり撮影をしていると、住職さんに話しかけられてしまい、そこから1時間ほどの長話をさせていただいた。(いつも良くあるパターン) お茶を飲みながら妙蓮寺の樟が掲載されている書籍なども多数見せていただき、熊本県内の巨木の話も伺う。
この樟は、お寺の宝であることを切々と語っておられたのが印象的であった。
ネット上の知り合いの方から、道路工事のために枝が切られることになるかも知れない、との話を聞いているので、そのあたりが気にかかるのだが。


戻る