平川神社の杉(神木)

樹高 四十二メートル
幹周 七.六メートル


熊本県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 九州地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

平川神社の杉



他の写真を見る

平川神社の杉
指 定 産山村指定天然記念物
指定年月日 不明
所在地 熊本県阿蘇郡産山村平川
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆     下車後すぐ
撮影日 2009年1月13日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周      7.6m   7.57m
樹  高       42m     39m
樹  齢         
実測詳細 地上1.3m地点を計測 

平川集落の南側、道路から10mほど低くなった広い平地に平川阿蘇神社が鎮座している。
かつては広大な境内だったのだが、道路建設にともない境内が狭まってしまった。かつては集落下のなだらかな斜面に神社が位置していたのであろうが、現在は完全に道路により集落から切り離されたように感じてしまうような感じだ。
境内には大杉が2本あり、拝殿左脇と拝殿の右奥にそれぞれ立っている。大きさは2本ともほぼ同じで、隈電話機のものが幹周7.57m、拝殿裏のものは7.6mで、おそらく植えられた時期も一緒なのであろうと考えられる。
拝殿脇のスギは大きなコブを抱えているのが特徴で、それが根元付近ならともかく、地上4〜5mあたりに付着しているのだから、これは大変珍しい存在だ。
コブからは、これから気根へと成長しそうな突起もあり、コブ自体が年々成長していそうな感じである。
主幹はこの大きなコブに成長を阻害されることもなく、真っ直ぐに成長しており、平川の集落にはいるとまず目に飛び込んでくるのがこの大スギである。
大きな枝の損傷も見受けられず、元気いっぱいの姿である。


戻る