かながわの名木100選 昭和59年12月指定
大谷観音堂のカヤ
和名:カヤ(イチイ科)

 幹が2本に分かれた珍しい巨木で、樹林の中にあってひときわ堂々とそびえている。「相生のカヤ」とも言われて親しまれている。
樹高 20メートル   胸高周囲 7.0メートル
樹齢 約400年(推定)

 カヤは、宮城県から屋久島の山地に生える常緑高木で、幹は直立し、ゆく分枝し、横枝は水平に出る。
 樹高35メートル、胸高周囲8メートル、樹齢約1000年に達するものもあると言われている。

神奈川県の巨樹 全国の巨樹 全国カヤ一覧 関東甲信越カヤ一覧 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

大谷観音堂のカヤ




他の写真を見る

大谷観音堂のカヤ
指 定 かながわの名木100選
指定年月日 1984年12月
所在地 海老名市大谷南2丁目
解説板 解説板あり   詳細を見る    
樹勢等 良好
特記事項 2本の合体木
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆  下車後徒歩すぐ
撮影日 2010年1月3日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    7.0m    7.0m   4.00m
樹  高     20m     20m     20m
樹  齢  300年以上    400年   
実測詳細 高地面から地上1.3m地点を計測 

海老名市中心部より南へ向かう「杉久保座關」沿い、相模川左岸の河岸段丘斜面に大谷観音堂がある。
石段を上がると、右手に2本のカヤが合体したカヤの巨木が出迎えてくれる。
根元は癒着しているが、明らかに合体と分かる樹形で、別名「相生のカヤ」とも呼ばれるそうだ。
観音堂のご本尊は行基作と伝えられており、子宝や安座などにご利益があるそうだ。これは多分カヤからも来ているのでは無いか?とも想像されそうだ。
かつては荒れたお堂だった大谷観音堂だが、現在の境内は綺麗に掃き清められており、狭いながらも気持ちの良い観音堂だ。
住職自ら彫った立木観音や、境内を覆うソメイヨシノや様々な花、心休まる空間を演出してくれている。


戻る