神奈川県

かながわの名木100選 昭和59年12月選定

小田原城跡本丸の巨マツ
和名:クロマツ(マツ科)

天保年間の相中雑誌に「御本丸に七本松という老松…」とある松の生き残りと思われる城跡内最大の巨木である。
小田原市の天然記念物に指定されている。
樹高 30メートル   胸高周囲   5.3メートル
樹齢  約400年(推定)

クロマツは、本州から九州の海岸に生える常緑の針葉高木で、アカマツとともに防風林、砂防林や街道の並木などに植えられることが多い。
樹高45m、胸高周囲10メートル、樹齢約800年に達するものもあると言われている。
 

神奈川県の巨樹 全国の巨樹 マツ一覧 関東のマツ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

小田原城跡本丸の巨マツ



他の写真を見る

小田原城跡本丸の巨マツ
指 定 かながわの名木100選
指定年月日 1984年12月 
所在地 神奈川県小田原市城内6
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 やや樹勢に翳りが見られる
特記事項    
お勧め度 ☆☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年1月7日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    5.3m    5.3m  
樹  高     28m     30m  
樹  齢  100〜199年  推定400年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

小田原城跡にあるクロマツの巨木。
天守閣を望む地点に立っており、樹皮が剥離してしまったのであろうか、幹を包帯のようなもので覆われている姿は、少々痛々しく感じられた。
枝の数も心なしか少ないようで、やや樹勢に翳りが見られるようでもある。
城内はちょっとした公園となっており、象の梅子が勝のすぐ側で元気にお客さんと戯れている。国内でも最長寿の象とかだそうで、梅子の生涯を持って、小田原城市内の動物園も廃園となるそうである。
ここまで庶民的な城は全国でも数少ないであろう。なんだかほのぼのとしてくる、そんな巨樹探訪であった。


戻る