神奈川県

かながわの名木100選   
昭和59年12月選定

蓑笠神社のケヤキ
和名:ケヤキ(ニレ科)

 落雷によって生じた裂傷があるが樹勢は旺盛な古木である。
当神社の御神木として崇敬されている。
樹高 25メートル    胸高周囲 5.7メートル
樹齢 約400年

ケヤキは、本州から九州に分布する落葉高木で、枝を広げた姿は雄大であり、日影木として公園、街路などに植えられる。
 樹高50mメートル、胸高周囲15メートル、樹齢約1900年に達するものもあると言われている。 

神奈川県の巨樹 全国の巨樹 全国ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

蓑笠神社のケヤキ




他の写真を見る

蓑笠神社のケヤキ
指 定 かながわの名木100選
指定年月日 1984年12月 
所在地 神奈川県足柄上郡中井町井ノ口2039
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆   駐車場無し 
撮影日 2009年1月3日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    5.7m   5.70m   6.78m
樹  高     25m     25m     20m
樹  齢  伝承400年    400年   
実測詳細 高地面より地上1.3m部分を計測 

蓑笠神社は秦野市から二宮町に抜ける県道71号線の旧道沿いにある神社で、祭神のスサノヲがここで雨宿りをした際、使っていた笠を置いていったからだとも伝わっている。
南側より長い参道が続いており、両側にはケヤキの大木が立ち並ぶ。参道入り口に立つケヤキと、参道最奥の本樹が特に大きい。参道奥の拝殿前に立つケヤキが「蓑笠神社のケヤキ」と呼ばれるもので、上部から根元に通じる大きな空洞があるが、古い時代の落雷の影響だと伝えられている。
そのために樹高も樹冠も小さめであるが、根元のすぐ脇に石垣が迫っているのも多分に影響しているだろう。
参道のケヤキは概して古そうだが、拝殿周囲にあるケヤキは直幹のケヤキで姿が良く、まだまだ若々しい姿をしている。
200年ほど前に補植をしたのであろうか、100年後くらいには今見ている御神木のケヤキに変わり、世代交代と成りそうな勢いである。
かながわの名木100選の選ばれたが、どちらかというと地味な存在のケヤキ、そんな印象が強い。


戻る