神奈川県

かながわの名木100選 昭和59年12月選定

真鶴半島のクロマツ
和名:クロマツ(マツ科)

県立真鶴半島自然公園内の樹木として大切に保存されている松の木の大木の中でもひときわ目立ち、姿も実に美しい。県内最大の巨木である。
樹高   45m   胸高周囲   5.8m
樹齢  約350年(伝承)

クロマツは、本州から九州の海岸に生える常緑の針葉高木で、アカマツとともに防風林、砂防林や街道の並木などに植えられることが多い。
樹高45m、胸高周囲10メートル、樹齢約800年に達するものもあると言われている。
 

神奈川県の巨樹 全国の巨樹 マツ一覧 関東のマツ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

真鶴半島のクロマツ



他の写真を見る

真鶴半島のクロマツ
指 定 かながわの名木100選
指定年月日 1984年12月 
所在地 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1174
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 関東最大の松?   
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年1月7日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    6.5m    5.8m    6.0m
樹  高     30m     45m     38m
樹  齢   300年以上  伝承350年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

真鶴半島の突端部には遊歩道が整備され、照葉樹の中を気持ちの良い散歩が出来るようになっている。
遊歩道は端から端まで歩いても1時間ほどの軽いもので、歩道の両脇には次から次へと巨大なクスやクロマツが現れる。半島全体を巨木調査したなら、300本ほどの巨木が報告されそうな勢いである。
なかでも最も南部分の歩道の終点あたりには名木100選にも選ばれているクロマツが控えている。
根元付近はかなりの傷み具合だが、道路に降りて眺めてみると枝はしっかりとしているようだ。
幹には避雷針も設置されており、対策も万全。40mに迫らんとするマツは全国でも数えるほどしかないであろう。
松食い虫の被害状況はどの程度か分からないが、今では貴重なクロマツ林が残っている数少ない場所と言えそうである。
この樹林は何としてでも残したい、そんな気持ちにさせる素晴らしい林であった。


戻る