茨城県指定天然記念物
西蓮寺大イチョウ 一号・二号

所 在 地  玉造町大字西蓮寺五〇四番地
指定年月日  昭和三九年七月三十一日

二株あり、一号株・二号株と呼ぶ。
相輪とう近くの一号株は幹囲約六メートル、樹高約二十五メートル。明治十六年(1833)の火災で幹が焼けて細くなった。 開山最仙上人の御杖銀杏と伝えられている。
 二号株は幹囲約八メートル、樹高約二十七メートル。大正六年(1917)の台風で幹の中途が折れたが、何れもイチョウとして優れた樹相をしている。
樹齢は二株とも千年以上といわれ、粗大な気根を垂下し、俗に「チチ」と称するものが数多くついていて、イチョウの老樹の特徴を充分に具え、樹勢ますます旺盛である。
二株とも雄株なので実はつかない。晩秋の黄葉は見事なもので、広い境内を明るくしている。

平成一四年三月
玉造町教育委員会
 

茨城県の巨樹 全国 イチョウ一覧 関東甲信越のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

西蓮寺大イチョウ




西蓮寺大イチョウ
指 定 茨城県指定天然記念物
指定年月日 1964年7月31日 
所在地 茨城県行方市(旧玉造町)西蓮寺504
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 2本の大イチョウがある。雄株   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年12月11日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周 1号 6.2m2号 8.3m    6.0m
   8.0m
   6.6m
   9.1m
樹  高 1号  28m
2号  28m
    25m
    27m
    26m
    26m
樹  齢  伝承1000年    1000年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

西蓮寺は霞ヶ浦を見下ろす高台にあり、延暦元年(782年)最仙上人によって開創された天台宗の古刹といわれる。
イチョウは最仙上人が使っていた杖が成長したものといわれ、別名「御杖銀杏」とも呼ばれているそうだ。
境内には2本のイチョウがあり、山門に近いものが一号株、本堂に近いものが二号株とされている。
大きさは断然二号株が勝っており、均整の取れた立派なイチョウである。
一号株は大きさでは少々劣るが、人を惹きつける魅力では断然こちらが上であろう。明治のころの火災により甚大な被害を受けたようだが、その災難のあとが現在見られるような特異な樹形を作ったのであろう。
また、多数の乳を下げているのも特徴で、ともに雄株でありながら一号株にのみ成長が著しい。
上半身が発達した、いわゆる片太りのような筋肉質の樹形であり、斜めに成長しているアンバランスさも手伝ってか、関東のイチョウでは希に見る名木といっても良いだろう。

訪問時はちょうど紅葉の真っ盛りで、大勢のカメラマン、近所のご老人など、思い思いの散策を楽しんでおられる姿は印象的であった。


茨城県一覧全国一覧HOME |