銀杏 いちょう

全樹高
32.5メートル
幹周囲長(目通り)
11.1メートル

樹齢およそ六九〇有余年。
正和元年(一三一二年)、本願寺第三代の覚如上人が如信上人の十三回忌の法要を修した折に植えたと伝えられています。

真宗大谷派東京教区
如信上人御廟所 法龍寺


茨城県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 関東甲信越のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

法龍寺のイチョウ




他の写真を見る

法龍寺のイチョウ
指 定 なし
指定年月日  
所在地 茨城県久慈郡大子町上金沢
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆☆     下車後すぐ
撮影日 2009年5月8日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周  11.26m  11.10m  11.67m
樹  高     35m   32.5m   31.5m
樹  齢  伝承770年    690年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 
親鸞上人の孫である如信上人(1239〜1300)が関東、奥州への布教に下った際、1300(正安2)年1月4日、この地にて66才で亡くなり、この地に埋葬された。
その後、徳川光圀が領内を巡視した際に如信の墓を訪ね、お堂を建立して法龍寺と名付けたという。
法龍寺のイチョウは茨城県最大のイチョウでもあり、全樹種を含めても現時点では県内最大となる巨樹である。
すぐ傍らに育つカヤは如信上人のお手植えとも言われるが、イチョウは13回忌にあたる1311年に植えられたと伝えられている。したがって2009年時点では樹齢698年ということになる。
この大きさまで成長したイチョウ、普通なら樹齢1000年と書きそうなところであるが、妥当な樹齢の表記に妙に納得である。
 このイチョウには過去に数度訪問しているが、花の時期に訪問したのは初めてであったが、イチョウの根元周辺は咲き終わった花が大量に落ちており、まるで秋の落ち葉の黄色い絨毯を見ているのと見間違うような状況であった。
気根(乳)の発達はそれほどでもないが、ヒコバエを取り込んで成長した主幹の太さには目を見張るものがある。
誠に樹勢は旺盛で、綺麗に管理された境内は居心地もよく、時間さえ許すならば、ゆっくりと物思いにふけるのも良さそうなところである。


戻る