茨城県指定文化財
昭和35年12月21日指定

●高野槙(コウヤマキ)
御神木。 拝殿前に左右2本ある。
わが国特産の常緑喬木で紀州高野山に多いので、この名がある。
 また、天狗槙とも呼ばれ名木として親しまれている。
樹高30m  幹囲4.5m  樹齢600年

北茨城市教育委員会

茨城県の巨樹 全国の巨樹 その他樹種一覧 関東その他樹種一覧 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

花園のコウヤマキ



他の写真を見る

花園のコウヤマキ
指 定 茨城県指定天然記念物
指定年月日 1960年12月21日 
所在地 茨城県北茨城市華川町花園
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後徒歩2分
撮影日 2009年5月7日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   4.45m   4.50m   5.05m
樹  高     30m     30m     33m
樹  齢  300年以上    600年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

花園の大スギを見に行った際に出会った巨樹で、恥ずかしながらまったく予備知識の中にはなかった。
花園神社拝殿前に2本並んで成長しており、参道を挟むように並んでいることから、間違いなく人によって植えられたものだ。
現在はスギを差し置いて、御神木として祀られている。
別名「天狗槙とも呼ばれているそうだ。」
全体的に枝が枝垂れ気味で、赤い樹皮と相まってとても味わいのある樹形。離れて望む姿もコウヤマキらしい姿である。
一部白骨化した枝はあるものの樹勢はまだまだ盛んのようで、素晴らしい自然環境の中、これからも成長して行く事だろう。
北茨城市が設置した解説板には樹齢は三本杉の樹齢500年より古く600年とされているが、神社が設置した解説板には境内のスギは700年と記されている。
おそらく神社の解説板が正しく、同年代に植栽されたものであろうと思われる。


戻る