郷土記念物(四本杉)

昭和54年2月13日指定 名称 四本杉
兵庫県告示第334号
所在地 多紀郡笹山町辻字鶴沢

この四本杉は古くから「鎮守の森」として人々から親しまれいまでは「稲荷の森」として神木になっています。
胸高周八.九米 枝張り東西約二五.二米 南北約一八.五米の巨木であり、 各々の幹は約三十米の樹高である
この四本杉のような樹形はきわめて珍しく、また老樹巨幹でありながら樹勢も旺盛であるので、今後末長く県民に親しまれることを期待し郷土記念物に指定された。

篠山町

兵庫県の巨樹 全国 スギ一覧 近畿地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

四本杉



 

四本杉
指 定 郷土記念物
指定年月日 1979年2月13日 
所在地 兵庫県篠山市辻字鶴沢
幹 周 9.0m                ※1
樹 高 30m
樹 齢 不明
解説板 あり                 詳細
樹勢等 良好
特記事項 合体木か?   
幹周(実測) 9.43m
樹高(実測) 37m
お勧め度 ★★★☆☆ 
到達難易度 ★★  下車後徒歩10分
撮影日 2003年2月23日

国道372号線を安田の大杉から西へ約3kmほどのところ。
辻集落の南側にひときわ高くそびえる大スギである。
一本のスギではなく、名前の由来通り4本のスギが合体して生長したもののようで、それぞれが外側に逸れるように成長しており、樹冠の大きさは雄大である。
日中でも陽がほとんど差さないない鬱蒼と繁る社叢内にあるため、神秘的な印象が強い。
山から平地への移行地点にあり、根元には小川が流れており、巨樹になる条件はすべて揃ったところにあり、現在でも樹勢はきわめて旺盛のようである。

※1 環境省資料による

兵庫県一覧全国一覧HOME |