砂川神社の水松




砂川神社の水松 (イチイ)

北海道砂川市砂川神社境内
北海道保護樹

幹周   4.6m
樹高    10m
樹齢 伝承2000年

北海道の神社は何処へ行っても明るくあっけらかんとした雰囲気なのは何故だろう。砂川の市街地に位置する砂川神社もそんな神社だった。杉やヒノキ、クスやケヤキなどといった樹冠を広く覆う樹木が少ないのもひとつの要因なのかもしれない。
このイチイの老木は、大正5年に砂川市の山中に生育していたイチイの木を砂川神社境内に移植したものだという。現在でも梢部分の枝がまったく生長していないところを見ると、移植した際の傷跡がいまだ見られるようである。
幹の半分ほどが既に樹皮が無い状態で白骨化が進んでいるが、東側の樹皮はいまだに健全で、現在でも多くの葉を茂らせている。
イチイの中でも、樹齢に関しては最古の部類に属するであろうと思われる。


北海道一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.