森の神様






森の神様
 
指 定 森の巨人たち100選
指定年月日 2000年4月
所在地 北海道上川郡美瑛町忠別上川中部森林管理署署内国有林353林班ぬ小班
幹 周 11.51m               ※1
樹 高 31m 
樹 齢 900年
解説板 あり
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 11.4m
樹高(実測) 24m
撮影日 2001年6月13日

北海道のほぼ中央部、大雪山西麓に佇むカツラの巨樹。
大雪山に源流を持ち、人跡未踏の中を流れ下ってきた忠別川がようやく人里に遭遇するあたり、原始の森の中にカツラの巨樹たちがひっそりと息づいている。その中で最も大きなものが、この森の神様だ。
主幹に当たる部分は既に失われたようで、ヒコバエの数々によって樹形を保っている状態。
忠別川の氾濫原にあり、周辺はほとんどフラットな地形だが、いかにも湿潤な雰囲気でカツラの生育には最適の地のようだ。
根元まで車道が通じており、気軽に訪れることができるカツラの一本だ。

※1 森の巨人たち100選資料による


北海道一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2004. All rights reserved.