「イチョウ」




乳下り大銀杏樹
指 定 広島県指定天然記念物 
指定年月日 1956年11月3日  
所在地 広島県比婆郡高野町上市
幹 周 9.6m                ※1
樹 高 18m
樹 齢 1000年   
解説板 あり                
樹勢等 健全
特記事項   
   
幹周(実測) 7.75m
樹高(実測) 30m
お勧め度 ★★★★ 
到達難易度                 下車後すぐ
撮影日 2002年4月17日

全身乳だらけの特異な姿である。枝も下を向いているものが多く、全国にも数多い「逆さイチョウ」の名前が付きそうな樹形でもある。
昭和初期に撮影された写真のイメージで訪れたのだが、成長力が旺盛で当時の姿とは違った姿で出迎えてくれた。
資料によると、幹周りが10メートルにも迫らんとする大きさとなっているが、実際に出会ってみると意外なほどコンパクトな印象であり、かつての乳の多さも成長により多少緩和されたようである。
しかし、50年ほど経過しただけで樹姿が変わってしまうイチョウの成長力とは、驚異の一言だ。
西日本においては、もっとも好きな銀杏の一本である。

※1 環境省資料による

広島県一覧中国地方イチョウ一覧HOME |