群馬県指定天然記念物
三夜沢赤城神社のたわら杉

      昭和四八年四月二五日指定

 赤城神社の境内には杉の大木が多数あり、ヒノキやアスナロなどもみられます。中でも目を引くのが中門南側とその西隣にある三本の杉の大木「たわら杉」です。 東側のものから、目通り周五・一m、六・一m、四・七m根元周六・〇m、九・六m、五・六mとなっており、樹高は各々約六〇mです。 これら三本の杉は群馬県内でも最大級のものといえるでしょう。
 たわら杉には、「藤原秀郷(俵藤太)が平将門について上野国府(元総社)に来る途中、赤城神社の前を通りかかった際に献木したものである」という伝説が伝えられています。 藤原秀郷は藤原鎌足八代の後裔と伝えられ、平将門の乱を平定し、武蔵守・下野守・鎮守府将軍をつとめたとされる平安時代の武将ですが、その実像はあまりわかっていません。
 一方、秀郷に関する伝説としては、大ムカデを退治して琵琶湖の龍神を助けた、弓矢の名手として神仏への崇敬篤い英雄として描く御伽草子「俵藤太物語」が有名です。 鎌倉時代、上野国(群馬県)東部から下野国(栃木県)南部にかけての地域は、幕府の弓馬の家として一目を置かれた大武士団の拠点でした。
彼らはともに「秀郷琉」を称していましたので、おそらく秀郷がムカデ退治の弓矢の名手「俵藤太」として説話の世界で活躍を始めるのはこのころからです。 秀郷琉武士団のなかでも赤城神社への信仰が篤かったのは大胡氏でしたが、富岡市一之宮貫前神社境内にある「藤太杉」にも同様な伝説が伝わっていることから、弓矢の名手秀郷 へのあこがれは、中世の武将たちに共通する意識だったのかもしれません。
 ところで、日光の二荒山神社の縁起では、日光神と戦った赤城神がムカデの姿で表されており、縁起を異にする秀郷とムカデと赤城神社が様々な伝承や説話を受け入れながら 結びついてきた様子がうかがえます。このように、「たわら杉」とその伝説は、名も無き多くの人々の交流の歴史を伝える遺産であり、赤城神社に対する時代と地域を越えた 篤い信仰を象徴しています。
 平成一三年三月 群馬県教育委員会
            前橋市教育委員会

群馬県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 関東甲信越のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

三夜沢赤城神社のたわら杉



他の写真を見る

三夜沢赤城神社のたわら杉
指 定 群馬県指定天然記念物
指定年月日 1973年4月25日 
所在地 群馬県前橋市三夜沢町114
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 3本が並ぶ  
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆  下車後徒歩5分ほど
撮影日 2009年9月10日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   6.25m   6.10m   
樹  高     40m     60m  
樹  齢  300年以上       
実測詳細 高地面から地上1.3m地点を計測 

赤城神社境内、拝殿と本殿の間に位置し、一般の参詣客はスギの根元に行く事は敵わず、木柵外からその姿を眺めることとなる。
スギの樹皮南側は綺麗なスギの樹皮もあらわであるが、北側の樹皮は一面苔に覆われ、綺麗な緑で覆われている。
三本共に樹勢は良さそうで、亭々と天を突き刺すように梢を伸ばす爽快な樹形を保っている。
解説板にある樹高60mは少々オーバーで、環境省の調査値である40mあたりが妥当な線であろうと思われる。
根元を埋めてしまった痕跡も認められ、本来であるならば7mほどの幹周を持つものと思われる。
解説板の伝承が本当であるならば、約1100年ほどの樹齢を持つことになりそうであるが、実際には5〜600年程度の樹齢と見た。
拝殿の西側手前には赤城神社湧水が湧き出ており、多くの人でいつも賑わっている。確かに火山山麓に湧き出る湧水は名水の中でも水質に優れたものが多いことは確かだが、ちょっとばかり騒ぎ過ぎなような気もしないでもない。ひとくち喉を潤そうと思ったが、水にありつけるまでには数分かかりそうであったのには苦笑するしかなかった。
たわら杉から東へ延びる歩道があり、櫃石経由で赤城山山頂まで通ずる登山道の始まりでもある。この道を5分ほど行くと「三夜澤のブナ」に辿り着く。すぐ近くなので立ち寄ってみるとよいだろう。


戻る