群馬県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 関東甲信越のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

須賀尾諏訪神社の杉



他の写真を見る

須賀尾諏訪神社の杉
指 定 なし
指定年月日  
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町須賀尾
解説板 なし
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆  下車後徒歩2分ほど
撮影日 2009年5月12日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   6.60m     6.25m
樹  高     25m       34m
樹  齢  300年以上       
実測詳細 高地面から地上1.3m地点を計測 

群馬県旧吾妻村須賀尾、環境省の資料には10本以上のスギが確認できる。
倉渕村巨樹の会の方々に会った際、須賀尾諏訪神社のことを伺ってもあまり認識はしていないようで、詳細な情報は得られなかった。これは行くしかないということで、実際に訪問してみた。
高崎と長野原を結ぶ国道406号線沿いの高台に諏訪神社があり、なるほどなかなかの境内林が見えてきた。
本殿の脇に合体したスギの巨木、目的の最大のスギはというと神社のかなり奥に鎮座していた。
北側は根元に、南側は幹の途中に空洞を空けており、ちょっとばかりひょうきんな姿である。
そして、下草刈りは行われているが、結構な放置状態にある本殿裏の林の中にケヤキを見つけた。
幹周は5mを越える大きさで、ちょっと得した気分。
須賀尾集落もご多分に漏れず過疎化が進んでいる様子。
これからの神社の管理など、問題も山積のように思えてくる。


戻る