沼田城御殿桜
(樹令推定 400余年)

沼田城の天守閣か、5層の雄姿を誇っていたころに植えられ、今に残っている沼田城形見の名木である。
沼田城は初め蔵内城と称した。約440年前、沼田市12代の沼田万鬼齊顕泰が、3ケ年かかって天文元年(1532年)4月完成させ、 柳町の幕岩城から引移った。
顕泰は三男朝憲に13代城主を譲り、川場村天神城に隠居したが、後妻の子4男平八郎景義を城主にせんと企て、永禄12年(1569年)正月、 朝憲を謀殺、ために沼田氏は築城後37年間にて亡びた。
以来沼田城は上杉謙信、北条氏政、武田勝頼、織田信長、真田昌幸、北条氏直の支配時代を経て、天正18年(1590年)真田信幸が城主となった。 信幸の夫人は徳川家康の曽孫=養女=小松姫である。
信幸は関ヶ原戦に徳川方につき、戦功により父昌幸の所領上田城主を兼ねたが、慶長9年(1604年)この御殿桜の処に3階建の隅櫓 (水の手曲輪門)を築造。ついで慶長12年(1607年)今の利根英霊殿の処に5層の天守閣を築造(間口10間奥行9間)本丸の外郭に土塀を築くなど、 名城を完成させた。
それから77年後天和元年(1681年)11月、5代城主信直が徳川幕府に沼田領3万石を没収され、城郭は跡形もなく取壊された。
名城は姿を消したが、この御殿桜は400年の風雪に耐え、根は古塁の石垣をしっかり抱き、春ごとに寂寥の色をたたえた花を開き、興亡の歴史を語りつづけている。
                   (岸 大洞 文撰)    

群馬県の巨樹 全国の巨樹 全国サクラ一覧 関東甲信越サクラ一覧 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

御殿桜





他の写真を見る

御殿桜
指 定 群馬県指定天然記念物
指定年月日 1957年4月23日 
所在地 群馬県沼田市倉内町594
解説板 あり    詳細を見る  
樹勢等 良好
特記事項 沼田城趾内の名桜  
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆  下車後すぐ
撮影日 2010年4月26日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    3.64m  
樹  高       17m  
樹  齢      400年   
実測詳細  

沼田城趾内に残るエドヒガンの古木である。
沼田城趾は、現在は沼田公園として整備されており、春の桜の開花シーズンともなると、関東各所から花見客で賑わうサクラの名所となっている。
 公園内はソメイヨシノが中心であるが、かつての本丸跡とおぼしき場所にエドヒガンが立っている。
周囲のソメイヨシノたちを睥睨するかのような威厳を保ち、クローン植物であるソメイヨシノでは絶対に不可能な、樹令400年の歴史を感じさせる姿をして立っている姿は、まさに沼田城趾のシンボル的なサクラである。
 横に伸びる枝のほとんどは失われているが、上部へと向かう枝はほぼ健全で、いまだに壮大な樹冠を誇っている。
 周囲のソメイヨシノよりも若干早めの開花傾向にあり、ソメイヨシノが満開の頃には散り始めとなるので要注意だ。
毎 年花見シーズンになると、沼田公園桜祭りが開催され、様々なイベントと共に、夜には御殿桜のライトアップも行われる。
  町を挙げての保護姿勢が功を奏しているのか、市街地の中心にありながら、まだまだ元気な姿を誇っているようだ。
 2010年、沼田市に立て続けに訪問したが、残念ながら天候が災いして御殿桜の満開の姿を写真に納める事はできなかった。
 ソメイヨシノはまさに満開であったが、御殿桜は散り始め姿であった。残念。

※ 環境省データベースには報告なし。幹周と樹高は沼田市のホームページより引用させていただいた。


戻る