福島県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 東北地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

北野神社の大杉





他の写真を見る                                            

北野神社の大杉
指 定 南会津町指定天然記念物
指定年月日 1978年3月7日
所在地 福島県南会津郡南会津町大新田
解説板 解説板あり 
樹勢等 樹勢は良好。
特記事項 他のスギと合体
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ★★☆☆☆  下車後徒5分
撮影日 2017年7月20日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周 9.80m 9.10m 10.27m
樹  高 50m 55m 48m
樹  齢 500年 300年以上   
実測詳細  

 尾瀬方面へと抜ける国道401号線沿いにあるスギの巨木。
国道289号線、通称沼田街道と合流して南下、1km半ほど進むと左手に北野神社の森が見えてくる。
 大スギは周囲の若いスギ達と樹高が変わらないため、飛び抜けて目立つとかそういうことは無く、国道からはその大スギの存在は分からない。
 国道沿いに北野神社の大杉を見る方々へのためにの駐車スペースも設けられており、これは大変にありがたかった。
 国道からは約400m、茅葺きの家や曲屋など伝統的な家が残る中、きょろきょろし通しで進むと北野神社の入り口に達する。
 北野神社自体は小さな神社であったが、その背後の大スギの威圧感と言ったら、これは半端ではなかった。
 すぐそばに生長したスギなどを取り込んで成長しており、幹周はわずかに10mには足りなかったが、その存在感は第一級であった。
 大枝の折損や空洞なども見られずに、健全な姿で樹勢も旺盛である。
 周囲は鬱蒼と茂った森林でもあり、近くに小さな川の流れもあることから、スギの生育のための環境も抜群なのであろう。
 拝殿を挟んで反対側にはホオノキの大木もあり、大枝を失いながらも元気に成長を続けている姿には感動を貰えるようだ。
 北野神社というだけあって、ご祭神は菅原道真公で、延宝3年(1675)に勧請されたと解説板にあるが、大スギ自体は500年前後の樹齢であろうと思われ、神社が建立される前からこの地にあり、このスギを目印として神社も作られたものであろうと考えられそうである。
 集落からの参道は草に覆われ、あまり整備は行き届いてはいなかったが、神社周囲はある程度草刈りなども行われ、毎年の例祭などは行われているのだろうと思われ、なんとなくほっとしたのも事実。
 旧舘岩村にあった前沢の大杉(枯死)と並び、会津では最大クラスのスギであると言えるだろうか。
 会津に行ったならば、是非とも訪れておきたい巨木の一本。


戻る