福島県の巨樹 全国の巨樹 全国カツラ一覧 東北地方のカツラ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

剣カツラ




他の写真を見る                                    

剣カツラ
指 定 なし (森の巨人たち百選)
指定年月日 1990年9月26日 
所在地 福島県西白河郡西郷村真船字赤面山
解説板 あり   
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後徒歩2分ほど
撮影日 2017年10月18日
環境省値 解説板値 実測値
幹  周 9.70m 9.70m 10.37m
樹  高 35m 35m 28m
樹  齢 300年以上 320年   
実測詳細 ヒコバエを避け、最も小さくなる場所を計測 

 福島と会津を結ぶ甲子道路。かつては自動車の不通区間があり、登山道が国道として役目を担っていたほどの難所だった場所。
 平成20年9月21日にトンネル延長が4,345mもある甲子トンネルを含む新しい国道区間が開通し、中通りと会津が劇的に近くなった。
 剣カツラ は旧国道沿いの沢沿いに位置しているが、新道が開通した現在では、ほとんど車の往来も減ってしまい、ひっそりと静まりかえった場所へと変化してしまった。
 旧街道沿いにはカツラの案内板も設置されており、迷わずに剣カツラまでは辿り着けるのはとても親切でありがたい。10台ほど車が置ける駐車場も完備され、トイレまで設置されているほどの力のいれようだ。
 駐車所に車を置きカツラのある南側を見ると、すでに遠方に剣カツラの姿が目に飛び込んでくるが、スマートで背の高いカツラであるような印象を受けるだろう。
 カツラ自体は二本に別れて立っているのだが、ちょうど手前と奥に幹が並ぶ方向から眺めることとなり、スマートなカツラである印象を受けてしまう。
 実際にカツラに到着すると幹は2株に完全に別れており、横から見るとかなりの幅を持ち相当な巨木であることが分かる。
 20年前に訪問した際に計測した際には、幹周が10mにわずかに及ばない9.85mであったが、2017年に訪問した際はめでたく10mを超える大きさにまで成長していてくれていた。1年に5mm弱の年輪を刻んでいることとなる計算で、かなりの成長速度といっても良いであろうか。

 ヒコバエの発達はそれほど顕著ではなく、しっかりとした幹からなっている状態で、なかなか力感あふれる素晴らしい樹形の持ち主である。
 幹の色も心なしか黒く見え、とても逞しく見えるカツラと言えるであろうか。
カツラ周辺の植生はすべて伐採されており、周囲はぽっかりと空間が存在し、剣桂神社の祠に寄り添うように立っている。
 幹周10m程度のカツラは結構各地に存在しているが、このカツラは周辺の橋梁などにもその名がつけられているのを見ても分かるように、この辺りのランドマークとして古くより認識されていたようである。
 おそらく山の神として、山仕事に従事する人たちから大事にされてきたのであろう。
 天然記念物指定はされていないようだが、林野庁の森の巨人たち百選に選定され、その名を広く知られるようになった。
 比較的アクセスのよい巨大カツラであり、近くを通った際には立ち寄ると良いだろう。
 巨樹見学と森林浴が同時にでき、心安らぐ豊かな時間をのんびりと過ごせるのは間違いないだろう。


戻る