諏訪神社の爺杉、媼杉 







諏訪神社の爺杉、媼杉
 
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1937年12月21日
所在地 福島県田村郡小野町夏井
幹 周 8.7m                 ※1
樹 高 45m
樹 齢 伝承800年
解説板 あり
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 8.7m
樹高(実測) 48m
撮影日 1996年6月5日

諏訪神社の本殿前にまったく同じ大きさの2本のスギが並んで立つ。上の写真で右にあるものが爺杉、左のものが媼杉である。2株とも完璧な直幹で見事な夫婦杉といえるであろう。
かつては木の根元を踏みしめ参拝するものであったが、成長するごとに間隔が狭まり、また樹への配慮から木道が設けられ、その上を渡り諏訪神社本殿まで行けるように変更された。
昭和半ばの資料によると、もう既に全国に知られた存在だったらしく、幹周は共に12m、樹高は60mとある。当時は他のスギと比較することもそうなかったであろうから、無二の存在として崇められていたのであろうか。
二本のスギが並び立つものでは、高知県の杉の大杉に次ぐものであろう。非常に貴重な門杉である。

※1 現地解説板による


福島県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2004. All rights reserved.