湯蓋の森

本樹は樟の代表的な巨樹の一にして
樹齢の古きものなれば之を保護するを要す。
  注  意
一 根土をふみ固めぬこと
一 根幹など傷つけぬこと
一 樹の付近にて火気を用いぬこと
右注意せられ度し 若し之を犯した
る時は国法に依り罰せられるべし

大正十三年七月
文部省

福岡県の巨樹 全国の巨樹 全国クス一覧 九州地方のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

湯蓋の森



他の写真を見る

湯蓋の森
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1922年3月8日 
所在地 福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目 
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後すぐ
撮影日 2008年3月11日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   15.7m       15.3m
樹  高     20m          23m
樹  齢   300年以上       
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

宇美八幡の参道を行き、拝殿の右側にひときわ大きな樹冠が見えてくるのが「湯蓋の森」である。
応神天皇がここで産湯につかった際、蓋をするように枝が覆っていたとされている。真偽はともかくとして樹齢はまだ若く、1000年あるかどうかであろう。
拝殿奥にある「衣掛の森」と比較すると明らかに若いクスノキで、大枝の損傷などあるが、まだまだ若々しい姿をしている。
神社のご厚意により幹周を実測させていただいたが、ほぼ環境省報告値通りであった。

宇美八幡は神功皇后が応神天皇を産んだ、そこから“産み”となり、それが現在では“宇美”となって地名が残ったとされているようだ。
そこから宇美八幡は、安産のご利益があるという信仰が現在にまで伝わっている。
撮影時も、若い女性が絶えず参詣していたのを思い出す。


戻る