空室のカツラ



空室のカツラ

福岡県指定天然記念物
平成元年5月18日指定
福岡県八女郡黒木町北大淵

幹周   11.6m
樹高     30m
樹齢  伝承600年

八女市から小国町へ向かうと日向神ダムにたどり着く。その三叉路を左折し、ほとんど車と行き会わない山道を3kmほど登ると、2軒のみが残る小さな集落の空室(うつろ)にたどり着く。
カツラは集落上200mほどのところ、沢沿いの山の神神社の背後に立っており、増水時には完全に中洲となるような地形だ。
過去には上流からの土石流の流れを二分し、集落を守ったという言い伝えも残っている守り神でもあるのだ。
主幹が折れてしまい樹形は崩れてしまったが、20本ほどのヒコバエが癒着して成長する姿は、いまだに迫力充分だ。


福岡県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.