大分宮神社の大楠 






大分宮神社の大楠
 
指 定 福岡県指定天然記念物
指定年月日 1956年7月21日
所在地 福岡県嘉穂郡筑穂町大分
幹 周 9.4m                 ※1
樹 高 25m
樹 齢 300年以上              
解説板 なし
樹勢等 幹割れ
特記事項  
幹周(実測) 10.2m
樹高(実測) 25m
撮影日 2004年3月22日

いかにも重量感のあるクスらしい樹形である。幹に巻かれている注連縄も、過去に見てきた注連縄の中でも特別太いもので、横綱級のものといえるだろうか。しかし裏に回ると幹の折れてしまった痕跡が痛々しく、半身もぎ取られてような樹形は、見ていても辛いほどのもの。
境内には、このクスの他にも数本の巨樹が生い茂り、安らぎの場を与えてくれている。

※1 環境省調査による


福岡県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004. All rights reserved.