戸たてずの楠町指定天然記念物

太さ 八メートル
樹齢 推定約七百年

 日本の楠の大木は、ここ旧蕨岡庄屋の庭にあり枝はりも大きく樹形の美しさも県下有数のものである。昔、この楠に止まって悪さをしていた天狗の翼が家人の放った矢に当たって落ちた。 家人がその翼を返してやったところ、天狗は「お礼に子々孫々にわたりこの家に盗人が入らぬようにしょう。」と言い残して篠山の奥に飛び去った。。 その後、盗人が入ったが出ようとして敷居まで来ると体が動かなくなった。以来、盗人が入らなくなり、蕨岡家では一切戸を閉めないことから人々は「とたてずの庄屋」と呼び、 敷居を削って盗難よけのお守りにするという。

平成4年3月

一本松町教育委員会

愛媛県の巨樹 全国の巨樹 全国クス一覧 中国・四国のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

戸たてずの楠




他の写真を見る

戸たてずの楠
指 定 愛南町指定天然記念物 
指定年月日 1992年3月  
所在地 愛媛県南宇和郡愛南町正木1463
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 2本並び立つ。  
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆     下車後すぐ
撮影日 2010年1月2日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    8.0m    8.0m   
樹  高     17m          13m
樹  齢    1000年    700年   
実測詳細  

国道56号線から分かれ、県道篠山公園線を約6kmほど遡ると正木の集落である。
 集落の入口上部に大きく枝を広げたクスノキが見えてくるが、これが「戸たてずの楠」である。樹高はどちらかというと低く、左右に大きく枝を広げているのが特徴のクスノキである。
 解説板にもある通り、現在も蕨岡家の所有であり、蕨岡家の広大な裏庭に位置しており、樹勢も盛んに枝を広げる。
1本のクスノキと思って訪問したのだが、なんと2本のクスノキが並び立っているのであった。
 ともに幹周8mほどのクスが並び立つ様は壮大であり、遠方から望むとかなり大きな樹冠に見えたのも、これで納得である。
 東側のものは主幹が折れて樹勢も衰退気味であるが、西側のものは根元付近より数本の幹に分かれ、その中の数本は地面と平行に大枝を伸ばし、広大な繁茂面積を誇っている。
双方のクスとも、多分古い時代に主幹に損傷を受けつつ成長したものだろうと考えられそうだ。
 まだ若いクスであるからだろうか、これだけ横に枝が出ていても、支柱にはほとんどお世話になっていないところが素晴らしい。
 生育する場所も湿潤した雰囲気で、周囲は植生に覆われており、クスノキの成長には打ってつけだったのだろうか。
 2010年の正月に訪問したのであるが、この時は南国であるにもかかわらず結構な積雪があった直後で、家人の方は懸命に屋根から落ちてきた雪の処理の最中であった。
 その作業の合間を見てご説明頂いたのだが、このクスノキに対する愛情が随所にひしひしと感じられ、大切にされていることを実感できる味わい深いものであった。感謝のひと言である。


戻る