三崎のアコウ



三崎のアコウ

国指定天然記念物
大正10年3月3日指定
愛媛県西宇和郡三崎町三崎

幹周   7.0m
樹高    14m
樹齢   600年

三崎市街地のフェリー埠頭からほど近いところに4本のアコウが生育する。
写真の一番手前のものが最大で、もう幹周り云々という次元では語ることのできない樹であろう。
アコウはクワ科の植物で、沖縄などに見られるガジュマルなどと同様、幹から気根と呼ばれる根を垂らし、タコの木などと呼ばれることもあるという。
三崎のアコウは日本最北端自生のアコウとして、天然記念物の指定を国から受けている。


愛媛県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.