郷土記念物(四本杉)

昭和54年2月13日指定 名称 四本杉
兵庫県告示第334号
所在地 多紀郡笹山町辻字鶴沢

この四本杉は古くから「鎮守の森」として人々から親しまれいまでは「稲荷の森」として神木になっています。
胸高周八.九米 枝張り東西約二五.二米 南北約一八.五米の巨木であり、 各々の幹は約三十米の樹高である
この四本杉のような樹形はきわめて珍しく、また老樹巨幹でありながら樹勢も旺盛であるので、今後末長く県民に親しまれることを期待し郷土記念物に指定された。

篠山町

兵庫県の巨樹 全国 カツラ一覧 近畿地方のカツラ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

金山出石寺のカツラ



 

金山出石寺のカツラ
指 定 長浜町指定天然記念物
指定年月日 1971年3月30日 
所在地 愛媛県喜多郡長浜町
幹 周 11.7m                ※1
樹 高 17m
樹 齢 300年以上
解説板 樹名板あり 
樹勢等 ほぼ良好
特記事項    
幹周(実測) 7.6m
樹高(実測) 23m
お勧め度 ☆☆☆☆ 
到達難易度  金山出石寺への道路脇
撮影日 2004年3月14日

金山出石寺は、真言宗御室派の本山で養老2年(718年)6月17日に開創された古刹。その出石山山頂にある出石寺に向かう道路の脇に、突如カツラの巨木が現れる。
道路の舗装によって水源が絶たれてしまったのか、大きく枝を張る姿ではないのが少々残念だ。
樹齢はまだまだ若そうで、300年ほどのものであろうか。

※1 環境省資料による

愛媛県一覧全国一覧HOME |