千本公孫樹







千本公孫樹
 
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1931年2月20日
所在地 千葉県市川市八幡 4-2-1
幹 周 12m                  ※1
樹 高 20m
樹 齢 伝承1000年以上          ※2
解説板 あり                                詳細を見る
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項 雄株
幹周(実測) −m
樹高(実測) −m
撮影日 2004年4月3日

古来よりイチョウの巨樹として著名な樹の一本。
JR本八幡駅から数分の所、あたりの喧噪から隔離されたように葛飾八幡の社叢が生い茂る。本殿の東隣に、でんと根を下ろす姿は重量感にあふれる。
主幹は古い落雷によりすでに失われ、周囲のヒコバエの成長によって現在みられる樹形となったものであろう。
イチョウは主幹を失うと、ヒコバエの成長が活発となり、ものの100年ほどで巨樹の仲間入りをしてしまうようである。
雄株で、銀杏は実らせない。雄株の古木の特徴である乳(気根)の数も少なく、こぢんまりとまとまった印象を受けるイチョウだ。
市街地の中心にありながら、まったく衰えを見せないこの樹を眺めていると、イチョウの生命力のたくましさがヒシヒシと伝わってくる。

※1  環境省資料による
※2  新日本名木100選


千葉県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004-2005. All rights reserved.