青森県一覧 全国一覧 イチョウ一覧 東北のイチョウ一覧 樹種別一覧 HOME 森の巨人たち100選

北金ヶ沢のイチョウ





 



北金ヶ沢のイチョウ
 
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 2004年9月
所在地 青森県西津軽郡深浦町塩見形356
幹 周 22.0m                ※1
樹 高 40m
樹 齢 1000年                ※2
解説板 あり             
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項 雄株
幹周(実測) 18.8m
樹高(実測) 30m
お勧め度 ★★★★★
到達難易度 ★              車で根元まで
撮影日 2001年11月21日

別名を垂乳根のイチョウとも言い、やはり乳の出ない母親たちの心の拠り所となっていたイチョウの巨樹である。
私の所属する巨樹の会が、95年6月の「サライ」に日本一のイチョウとして発表してから6年、2001年の環境省の日本の巨樹・巨木林調査で晴れて日本一のイチョウとして認可された。
このイチョウだけは数多くのイチョウの中でも別格の大きさで、日本一の巨樹とされる蒲生の大クスと比較しても決してひけはとらず、むしろこちらのほうが大きいような印象さえ受けるから驚きである。幹周りの22mという数値は、旧環境庁方式によって計測されたもので、実際現場に私も居合わせたが幹の凹凸に沿って測られたため少々大きな数値となっている。気根を極力避け、もっとも不利となるように計測した値が18.8mであり、通常の範囲内での測定では20mほどの数値となるであろう。
それでも全国各地に存在するイチョウとは次元の違う大きさである。
全世界を歩いたわけではないから確かではないが、中国や韓国にもこれほどの大きさのイチョウの情報はないようで、世界一のイチョウとして考えても良いのかもしれない。
国指定、それも特別天然記念物に一刻も早く指定されるべき巨樹であろう。日本の宝と言ってしまっても過言ではない巨樹の一本である。
と思ったら、2004年の9月に念願が叶い、国の指定を受けたそうである。まずはめでたし。

※1 環境省調査による
※2 現地解説板による


青森県一覧全国一覧HOME |