県指定天然記念物

島田市教育委員会


青森県の巨樹 全国の巨樹 全国ブナ一覧 東北のブナ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

森の神



他の写真を見る

森の神 (ブナ)
指 定 なし
指定年月日  
所在地 青森県十和田市奥瀬
解説板 なし   
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★★
到達難易度 ★★☆☆☆  下車後徒歩5分
撮影日 2007年10月28日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周          6.01m
樹  高               29m
樹  齢         推定400年
実測詳細 地上1.3m地点を計測 

青森県十和田市のT氏よりブナ発見の情報はこの夏に既に入っていた。秋には調査に行こうと考えていたのだが、その後地元の新聞に日本2位のブナ発見との見出しで発表された。
やはり案内人無しでは到達できないようで、T氏にお願いをし、2007年10月後半にようやく調査に向かうことができた。
林道から徒歩5分ほどで念願のブナに到着。
いとも簡単に到達できたのは嬉しいが、あまりものアクセスの良さが逆に心配へと変わっていく。
ブナはこれだけの大きさでありながら、ほとんど傷みのない綺麗な姿で立っていた。
空洞も腐れも大枝枯損もまったく見られず、未だ成長段階にあるように見えるのはちょっとした驚異であった。
計測の結果、幹周は単木では日本一の6.01mを計測。樹高も高く、29mとの計測結果が出た。

訪問時はちょうど紅葉の真っ最中で、このブナも朝日を浴びて綺麗な紅葉を見せてくれていた。
周辺のブナは完全に伐採され尽くしているが、このブナだけは3本に分かれているからという理由で伐採から免れたという。
地元の木樵達の間では、三本に分かれた木には神が宿るという考えがあり、頑としてこの木の伐採を受け付けなかったからだとも聞く。
白神山地ではなく、十和田湖周辺にブナの大木が発見された事に意義があるだろう。
これからは「森の神」を宝として守っていかなければならない。安易な開発やエコツアーなど、今までの反省を省みてから行って欲しいところだ。


戻る