「法量のイチョウ」

   国指定天然記念物

国指定 大正15年10月20日
所在地 十和田市大字法量字銀杏木16番地2
概要  樹高32m  幹回り14.5m  枝張(南北)27m
樹齢  推定1,100年

イチョウは中国大陸が原産。日本に渡来した時期は不明だが、僧侶によって持ち込まれたとの説がある。 この地も十和田湖伝説の南祖坊ゆかりの善正寺跡ともいわれ、南祖坊手植えの伝承を持つ。
 地上7mのところから6本の幹にわかれて、多数の気根があり、「乳イチョウ」として母乳の出ない女性たちの信仰を集めたという。
 このイチョウは大正15年10月に、当時の内務省が全国から5本のイチョウを選び、初めて国の天然記念物に指定したときの1本である。 同時に指定を受けたイチョウは、宮城県の「苦竹のイチョウ」、東京都の「善福寺のイチョウ」、富山県の「上日寺のイチョウ」、 佐賀県の「有田のイチョウ」である。

 青森県は「イチョウ王国」といわれ、「法量のイチョウ」は全国最大級のイチョウとして青森県深浦町の「北金ヶ沢のイチョウ」(幹回り22m)、 青森市の「宮田のイチョウ」、岩手県久慈市の「長泉寺の大公孫樹」(幹回り14.1m)、七戸町の「銀杏木(子安イチョウ)」(幹回り12.9m)が 上位10位に数えられている。

平成17年3月 十和田市教育委員会


青森県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 東北のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

法量のイチョウ






他の写真を見る

法量のイチョウ
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1926年10月20日 
所在地 青森県十和田市法量字銀杏木
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 雄株 
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆☆  
撮影日 2009年11月18日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   14.0m   14.5m  13.75m
樹  高   36.0m     32m     33m
樹  齢  300年以上   1100年    
実測詳細 地上1.3m部分を計測

奥入瀬渓流へと続く102号線沿いの小高い丘の上にあり、岩手の「長泉寺のイチョウ」とともに古来より全国にその名を知られている名イチョウである法量のイチョウが鎮座しています。
国道脇にはトイレ付きの駐車場も完成し、イチョウまでの50mほどの林道も舗装したりと、十和田市の力の入り具合がひしひしと伝わってくるようです。
保護や周辺の環境もほとんど問題はなく、理想的な環境の中に生育していると言えます。
このイチョウは全国にも珍しく、注連縄ではなく紅白の垂れ幕が巻かれており、初めて見る方は違和感を覚える方が多いようです。注連縄のほうが木にとっても見る側にとっても威厳があると感じますが、地元では長い伝統ゆえ、この方式を永遠に続ける意向とのこと。この紅白の幕が法量のイチョウの証なのだと言います。
ここは地元の方の意見を尊重したいところです。
北東北のイチョウは、ちょうど黄葉時期と積雪の時期が重なってしまうという避けては通れぬ難関があり、このイチョウも12年ぶりに2009年11月18日には綺麗な黄葉を見せてくれた。
しかし、そのまっ黄色の姿を見られたのもわずか一日限りで、20日には下半分が落葉してしまったとされる。
今回撮影できた黄葉した法量のイチョウのカット、意外と貴重なものなのかも知れない。


戻る