時瀬のイチョウ



指 定 愛知県指定天然記念物
指定年月日 1969年4月19日 
所在地 愛知県豊田市時瀬字仲切3 神明神社
幹 周 6.52m                ※1
樹 高 31m
樹 齢 300年以上   
解説板 あり                  
樹勢等 良好
特記事項 雷の影響か、ちょっと寸詰まり  
   
幹周(実測) 6.75m
樹高(実測) 20.5m
お勧め度 ☆☆☆☆ 
到達難易度               車で根元まで
撮影日 1996年9月8日

旭町から上矢作に向かう旧街道沿いにある雄株のイチョウで、愛知県では最大とされるイチョウである。
幹周りの割にこぢんまりとした印象が強いが、葉の茂り具合は強烈で樹下に入ると、日差しが遮られ薄暗いほどの繁茂ぶりだ。
ほとんど人の訪れることがないようなのんびりとした雰囲気のところで、心なしか木ものんびりと昼寝をしているような感じだったのを思い出す。 

平成17年4月1日に旭町は豊田市と合併し豊田市となりました。

※1 環境省資料による

愛知県一覧全国一覧HOME |