【庭の中央に佇む松】

Tuki-yo

 

実家の庭の真ん中に、一本の黒松が植えてある。 
この松は池に影を落とし、立石を傍らにした庭の中で一番威厳があるような松である。

今は荒れ放題の庭になっているのですが、農業のかたわら庭師でもあった祖父が健在だった頃は、とてもよく手入れされた庭でした。 雨の日に限って庭木の剪定をしてみたり、雪が今年は早そうだ…とさっさと雪囲いをした年は暖冬だったりと、天候をよむ能力がなかったのか ちょっとへそ曲がりな祖父の性格だったのかはもう定かではないけれど、祖父が組み上げる雪囲いはちょっとした芸術品のように美かったように記憶している。

まだ私が小学校に上がるが上がらないかの頃だっただろうか、ある日母に「何か絵描いて!」と らくがき帳を差し出すと、母が「じいちゃん絵書くのじょんだんだじぇ。(上手なんだよ) この間だ広告の裏さ松の樹かいっだっけも。(描いていたもの。) かいでもらてみろ〜。(描いてもらったら?)」 

母に遊んでもらいたかったのに… と内心思いつつ祖父に絵を描いてと行ってみると、やはり広告チラシの裏を使い庭の松を眺めながら 「まづのき(松の樹)」、「チャボドリ(ニワトリ)」 とぼそっと言葉を発し描いてくれた。

今思うと広告チラシの裏に描いたというのも、松を描いたというのもとても祖父らしいと思える事であるけれど、かわいらしい花や小鳥の絵を描いてくれるだろうと想像していた当時の私には鉛筆でぐにゃぐにゃっと描かれたなんとも地味な松の絵は、なんの面白みも魅力もないつまらない絵に映ったものでした。 (子供がよく花といえばチューリップやひまわりを描くように、祖父にとって松は一番身近な樹木だったのでしょうか?)

紅葉するわけでもなく、綺麗な花を咲かせるわけでもなく、むしろなんだか古臭く時代を感じるような ”松” は、明治の生まれで 「 すまづして暮らさんなねなだ。(つつましく暮らせ)」 が口癖で直角に近いほど腰が曲がり、背中に松葉や杉葉を沢山付けて帰ってきた時は庭仕事、どろだらけの手で帰ってきた時は野良仕事と 自分の ”今日”をいつも背中に付け、TVのリモコンやプッシュホン電話、自動販売機など新しいモノは全く使えず どんどん時代に取り残されている様であった無骨な祖父の生き様にかぶる気がしている。

庭の中央に佇む松・・・

松くい虫にやられ瀕死の状態だったりと松受難の昨今、さほど手入れもしてもらえずにいるのに中々の元気さで寡黙に立っている松。 この松は紛れもなく 90歳、大往生で逝った貴方の松だと思っている。

−−−−−−−−−−−

私は実は、祖父に可愛がってもらったという記憶はほとんどない。 むしろ軽く虐待されていた感さえある。 でも今、樹と云われ祖父を書いてみたいと思った。 今なら書ける様な気がしたのです。

祖父への追悼であると同時に、私自身への鎮魂の意味も含めて…


<バトンリレーの行方>

 コアパーソンとなる方々の顔ぶれもそろそろ出揃って来ましたので、 管理人の高橋さんとも相談の上、ここらで一旦リレーのバトンを置き次に回す日まで保管という事に致しました。
発起人の一人である雲流さんからリレーが始まり、私で一旦バトンを置くと言うのも丁度良い頃合いだったのではないかと思っています。
尚、バトンを置くにあたり、私から3人の方に植樹(投稿)依頼を致しました。
 
やまちゃんさん
日本全国をお仕事でパワフルに飛び回りながら、樹々との出会いを楽しまれていらっしゃいます。先ごろ行かれたという日原は大変気に入られた模様です。また、やまちゃんの周りは空気もまぁ〜るくなる感じがします。

ramukaさん
studio photonの管理人でいらっしゃるramukaさんは、地元岡山を中心とした沢山の樹々や山々の写真を静かにそしてアクティヴに撮られています。


ラスカルさん
白神の麓に育った彼女は、キラキラと元気で明るくオフ会でのアイドルでもあり、 樹々と遊び戯れるのがダイスキな様です。今は思い描く未来の実現の為に奮闘中といった感じでしょうか?

そして私のミニバトン枠では「木の葉のゆりかご」の管理人、やませみさんも一樹あげていただける事になりました。

今後も自主投稿も含めて個性豊かな沢山の樹が【百人一樹】に植樹(投稿)され、豊かな広がりとなっていく事を願っています。 
軽い気持ちで構いません。 皆さん、投稿どうぞ宜しくお願い致します。





百人一樹TOPHOME |

 

 Copylight (C) Nihon No Kyoju Kyoboku  2002. All rights reserved.